もつ鍋をおいしく作るには

###Site Name###

もつ鍋は別名ホルモン鍋とも呼ばれ、豚または牛の小腸や大腸などの内臓肉を主な材料として利用される鍋料理になります。

もつ鍋に使う具材にはネギやにら、もやしやダイコンなど使用する材料は作り手によって違いますが、もつ鍋をおいしく食するために大切なことは下処理がとても重要なことになります。


下処理をする場合には豚と牛で処理がちがうので、それぞれの素材により処理の仕方を間違えないようにしましょう。

豚の場合には小腸と大腸で匂いの強さが大きく違うため、別々に処理をします。



小腸の場合にはプラスチックのザルに入れ粗塩をまぶし力強く洗い、その後に水を流しながらぬめりが無くなるまで洗います。大腸の場合も同じになりますが、粗塩をまぶし念入りに洗ったらお湯で下茹でをし、ザルに空けて水をかけながらぬめりが取れるまで洗います。

Yahoo!知恵袋情報をまとめてチェックしよう。

大腸も小腸もぬめりが取れたらネギやショウガを入れたお湯で下茹でを行い、匂いが取れるまで洗って下茹でをすることを繰り返すことにより臭みを取ることができます。


牛の小腸の場合には脂がのっている場合には、洗いすぎにより脂が取れてしまうことを防ぐために、塩水の中でもみ洗いをして水を切ります。

もつ鍋情報の豊富さで有名なサイトです。

大腸の場合には豚と同じように粗塩をして、ぬめりが取れるまで水を流しながら洗うようにしましょう。

内臓肉は臭みが強いものが多く、料理に使用するには臭みがあるとおいしく食べることができないため、もつ鍋を作る時は下処理をきちんと行い、臭みを取り除き調理するようにしましょう。